WECHAT(微信)の小技集12:誤送信したチャットメッセージの取り消し方法

WECHAT(微信)の小技集12:誤送信したチャットメッセージの取り消し方法 wechat(微信・ウィーチャット)
スポンサーリンク

うっかりして送りたくないメッセージを相手に送ってしまった!なんて、誰もが一度か二度ぐらい経験しているかと思います。

ちなみに、LINEは送ったメッセージと削除はできるようですが、どうやら自分の端末のみで、相手の端末から消されないという、あんまり意味のない機能だと思います。

WeChat(微信)では、実際に送ったチャットメッセージを、受信相手の履歴からも消す方法が存在します。今回はその送信メッセージの取り消し方法と、相手にどのように見えるか、をご紹介します。ただ、注意点もありますので、ぜひ最後までお読みください。

※今回ご紹介したwechatのバージョン:version 7.0.3

スポンサーリンク

誤送信したメッセージの取り消し方法

まずは、うっかりして、メッセージを送ってしまった場面からスタートしましょう。

WECHAT(微信)の小技集12:誤送信したチャットメッセージの取り消し方法

ここから、取消方法のご紹介です。

まずは、そのメッセージを長押ししてメニューを出します。

WECHAT(微信)の小技集12:誤送信したチャットメッセージの取り消し方法

そこで、黒帯の一番右に表示される「▶」を押して次のメニューを表示させます。

WECHAT(微信)の小技集12:誤送信したチャットメッセージの取り消し方法

上記のように、次のメニューが表示されたら、一番左に「送信取り消し」を選択してください。

選択したら、下の画面になります。「取り消しますか?」という確認画面です。そこで「OK」を選択してください。

WECHAT(微信)の小技集12:誤送信したチャットメッセージの取り消し方法

すると、下の画面のように、薄いグレーの文字で書かれている「メッセージの送信を取り消しました。」と表示されながら、「再編集」というリンクも表示されます。↓

WECHAT(微信)の小技集12:誤送信したチャットメッセージの取り消し方法

これで、メッセージの取り消しが完了しました。「再編集」のリンクを押すと、さきほど誤送信したメッセージが、またそのままコピーされますので、編集して、再送することができます。

例えば再編集(メッセージの書き換え)のイメージ↓

WECHAT(微信)の小技集12:誤送信したチャットメッセージの取り消し方法

以上、メッセージの取り消し方法のご紹介でした。

スポンサーリンク

メッセージの取り消しで相手にどのように見られるか

ここからは、この一連のメッセージ取り消し操作で、相手側がどのように見えるか、も合わせてご紹介します。

まずは、メッセージ送信した直後は、当然、メッセージがそのまま表示されてしまいます。

下の画面は、相手の待受画面の通知メッセージです。

もし相手がアプリの通知機能を「待受画面に表示」と設定していなければ、下記の通知メッセージも表示されません。

WECHAT(微信)の小技集12:誤送信したチャットメッセージの取り消し方法

そこで、メッセージを取り消したあとに、誤送信したメッセージが消えて、「送信取り消しました」というメッセージが代わりに表示されるようになります↓

WECHAT(微信)の小技集12:誤送信したチャットメッセージの取り消し方法

そこで、メッセージを再送すると、↓のように、「取り消した」履歴と、書き直したメッセージが表示されます。

WECHAT(微信)の小技集12:誤送信したチャットメッセージの取り消し方法

写真を送った場合、どのように相手に表示されるか

取り消しの手順はご紹介した手順通りですが、相手の見え方は、取り消す前にも、「写真」としか通知表示されません。写真の中身は表示されません。

WECHAT(微信)の小技集12:誤送信したチャットメッセージの取り消し方法

取り消したあとは、同じく、「写真」という通知が消えて、代わりに下記の画面が表示されます。

WECHAT(微信)の小技集12:誤送信したチャットメッセージの取り消し方法

相手がWeChatアプリを開いたら、チャット履歴でどう表示されるか

最後に、相手がアプリを開いたらどのように見えるか、です。

一番上は、取り消したメッセージ、真ん中は再送したメッセージ、一番下は、取り消した写真メッセージです。

WECHAT(微信)の小技集12:誤送信したチャットメッセージの取り消し方法

ということで、取り消した痕跡は残ります。ただ、何を送ったかは残りません。

また、写真を送ったか、テキストメッセージを送ったか、取り消し後は区別は付きません

最後に

取り消し方法をご紹介しましたが、相手の携帯を見るタイミング、通知設定によって、見え方が少し違ってきます。その点だけご注意いただければと思います。

では今回はここまで。

スポンサーリンク
SeeChina365が気に入ったら
いいね!お願いします。
最新情報をお届けします。
wechat(微信・ウィーチャット)
スポンサーリンク
SeeChina365

コメント

  1. まっちゃん より:

    画像も間違えて送ってしまった場合もすぐ消したら相手に表示されないですか?

    • AKIRA より:

      はい、あくまで時間差の問題ですが、すぐに取り消したら、相手には、「〇〇さんはメッセージの送信取り消ししました」と表示されるだけで、その画像自体は表示されませんし、相手が画像を見ることもありません。

  2. かず より:

    画像を間違って送信、削除してしまったモノは相手先に表示残ってしまいますよね、、?
    送信取り消しにする方法ありますか?

    • AKIRA より:

      取り消す方法はご紹介の通りですが、写真自体は相手の通知画面に表示されるわけではありませんので、まだ取り返しがつくかと思います。。。あとは頑張って言い訳をするしかありませんね。受け取り手として確かに気になりますが、まあ適当に違う画像を送れば説明が付きます(笑。ご参考までに。

  3. kevin より:

    ◯◯さんはメッセージの撤回を完了しました。とメッセージを送信取消にしました。は意味が異なりますか?

    • AKIRA より:

      基本同じ意味だと思いますが、こちらは、なにかシーン(もしくは直前のアクションが)が違うでしょうかね…はっきり回答できずすみません。

  4. なお より:

    送ってから2分以上経過したメッセージは、削除出しますが自分の端末上だけで相手の端末では消えませんか?

    • AKIRA より:

      消えるはずです。ただその時点で相手がすでに見てしまった可能性はありますが、、削除は可能なはずで相手側もメッセージ消えるはずです。

タイトルとURLをコピーしました