WeChat(微信)の実名認証とWeChatPay(ウォレット)について

seechina365_wechat_walletウォレット钱包 WeChat(微信・ウィーチャット)
スポンサーリンク
4
(1)

WeChatは、通常のチャットやビデオ通話の機能を利用するには、携帯電話を登録してアカウントを作ればすぐに利用できます。

ただ、お金のやりとり関連となると実名認証が必要になります。

例えば:

ラッキーマネー(中国語で言うと「红包」)

送金(中国語で言うと「转账」)

です。

今回は、ちょっと面倒な実名認証とWeChatのウォレットについてお話ししようと思います。

日本の方にとって、送れる、受け取れる、かどうかの話になりますので、ぜひご認識いただいたほうが良いと思います。

スポンサーリンク

なぜ実名認証が必要なのか

理由を調べてみましたが、実名認証は、主にお金のやりとりが関わってくると、必須となります。

その理由は、誰が、誰に、いくらを送ったか、と言ったような金の流れを把握するものであり、マネーロンダリング(Money Laundering:資金洗浄)を防ぐため、のようです。

ひと昔は少し緩かったのですが、最近は特に実名認証をやっておかないと、やりとりができなくなっています。

実名認証するにはどんな方法がある?

実名認証するには、主に2つの方法があります。(いずれという意味ですので、どちらか一つの方法ができれば大丈夫です)

一つ目は、中国国民の身分証明証情報です。

これは、中国国籍を持っていれば、必ず持っているIDカードですので、中国人ならこれで認証する人が多いです。

ただ、これだと、当然ならが中国のIDを持っていない日本の方は認証方法として使えないのです。

二つ目は、銀行カードを連携することです。

この二つ目は、WeChatが認めている銀行が発行している銀行カードを連携することです。

ただし、ややこしいのは、このWeChatが認めている銀行と言うのは、以下になります。

キャッシュカード一覧(画像が縦長いため別窓で開きます)

クレジットカード一覧(画像が縦長いため別窓で開きます)

引用元はこちら

実際にご覧いただいてわかる通り、すべて中国の銀行が発行しているカードになりますので、日本や他の国が発行しているカードは、実名認証に追加できないのです。

スポンサーリンク

日本の方は実名認証はできない?

実名認証するには、上記で紹介した

①中国の身分証明書を使うか

②中国の銀行が発行している銀行カードを使うか

のどちらかしかありませんので、上記を持っていない場合は、実名認証はできません。

残念ながら、日本の方でいうと、おそらくほとんどの方は、②は持っていないのであれば、WeChatの実名認証はできないとなります。

ただし、数少ないと思いますが、中国の旅行や出張など、一時的に中国に滞在していた方ならば、パスポートで中国の銀行カードを作られた方もいると思いますが、←この場合は、②の条件は満たしますので、実名認証は可能になります。

実名認証しないと何ができないの?

では、実名認証しなければ、何が不便なの?

本記事の最初にもご紹介したように、アカウント登録さえすれば、WeChatの基本機能(友達とチャット、ビデオチャット、タイムラインなどのSNS機能)は利用できます。(実名認証の必要はないです)

ただし、お金のやりとりとなると、実名認証が必須になってきます。

ここで、お金のやりとりといっても2種類があります。

ラッキーマネー(中国語で言うと「红包」)

このラッキーマネーは、いわゆる小額のお金になります。1回は200元以下という制限はあり、小銭と言われている額です。

これのやりとりは、カード連携する必要はないです。実名認証だけで、少額のやりとりはできます。

(実はここ、実名認証を実施しなくても、もらえた記憶がありました…今自分のアカウントは実名認証したので、検証はできなくなりました…今は厳しくなっているかもしれません…)

ただ、小額は実際に現金化しよう(引き出す)とする時にカード連携が必須になります。

送金(中国語で言うと「转账」)

送金となると、必ず実名認証を行って、さらに、カード連携をやらないといけません。

1日の限度額は20万元(約380万円)です。

実践したことはありませんが、この限度額もやり方によって引き上げられるそうです。

まとめ

ということで、本記事でお伝えしたいこととして、

WeChatでお金をやりとりをするには、「中国の身分証明書」を登録するは、もしくは「中国の銀行が発行しているキャッシュカード、クレジットカード」を連携するか、が必要になります。

もしそれを持っていなければ、実名認証が通らず、やりとりはできないのです。

過去に実名認証が厳しくなかった時期に、ラッキーマネーをもらえたかもしれませんが、今は、厳しくなってきました。

なので、日本の方はWeChatウォレットで大金のやりとりをするのは、あんまりないと思いますが、一応、本記事でご紹介した内容を把握していただければ、今後WeChatでの金銭関連のやりとりの際に役に立つと思います。

では今回はここまで。

この内容はお役に立ちましたか

ぜひ評価をお願いします。

平均 4 / 5. 投票数 1

この記事はお役にたったかぜひ教えてください

フィードバックいただき誠にありがとうございます。

記事内容を改善するために

ぜひあなたの意見を聞かせてください。

この内容はお役に立ちましたか

ぜひ評価をお願いします。

平均 4 / 5. 投票数 1

この記事はお役にたったかぜひ教えてください

フィードバックいただき誠にありがとうございます。

記事内容を改善するために

ぜひあなたの意見を聞かせてください。

スポンサーリンク
SeeChina365が気に入ったら
いいね!お願いします。
最新情報をお届けします。
WeChat(微信・ウィーチャット)
スポンサーリンク
SeeChina365

コメント

タイトルとURLをコピーしました