【中国語】「以为」と「认为」の違い

スポンサーリンク

ご質問をいただきましたので、今回は、「以为」と「认为」の違いについて簡単にご説明します。

スポンサーリンク

例文

以下の例文をご覧ください。

①我以为昨天有雨 →正しい
②我认为昨天有雨 →間違い

「以为」と「认为」の説明

ここから簡単に説明いたします。

「以为」は、すでに起きていることに対する主観推測(過去適用)、同時に、まだ起きていないことに対する予見の意味も持っている。語気は「认为」ほど強くない。あくまで推測なので、日本語の意味合い的には、「思っている」「思っていた」に近いと思います。

「认为」は未来、またはまだ起きていないことに対する主観的判断を表し、語気は強い。日本語の意味合い的には、「だと思います」「だと考えています」に近い表現です。

「昨天有雨」は過去のことを表しているため、「认为」の使い方は間違っていますね。

「认为」と「以为」はどっちでも未来のことに使えるため、下記の表現は正しい:

③我认为明天会下雨
④我以为明天会下雨

但し、③を使う人は「明日雨降る」ことに対して④を使う人と比べると、自信を持っている、少し主観ですが、断定している意味合いを持っています。

中国語を勉強される方は、ご参考いただければと思います。

スポンサーリンク
SeeChina365が気に入ったら
いいね!お願いします。
最新情報をお届けします。
中国語
スポンサーリンク
SeeChina365

コメント

タイトルとURLをコピーしました