WeChat(微信)の使い方_PC版の使い方

WeChat(微信・ウィーチャット)
スポンサーリンク

今回はWeChatのPC版の使い方ご紹介します。

PC版というのは、PCにアプリとしてインストールして、PCのチャットソフトみたいに、チャットしたり、ファイルを送ったりすることができるものになります。

特にファイルの転送と、文字を大量に打つには便利だと思います。

ここで補足として、WeChatのPC版を利用するにも、まずはスマホ経由でアカウントを開設する必要があります。アカウント開設しないとPC版を利用することができませんので、ご注意ください。

 

スポンサーリンク

PC版WeChatのダウンロード

MAC版のダウンロード

Windows版のダウンロード

リンク先はWeChatの公式サイトとなります。ダウンロードリンクもわかりやすいので、本記事では、アプリダウンロード、インストールの紹介を省略します。

PC版WeChatのログイン

windows版も基本同じですが、Mac版を例に使い方をご紹介します。

まず、pc版WeChatをインストールして、立ち上げたら、下記のようなQRコードが表示されます。

それのQRコードを、スマホのWeChatアプリを立ち上げて【発見】>【QRコードのスキャン】で、スキャンしてください。

すると、PC画面では、あなたのWeChatアイコンに変わるはずです。

と同時に、スマホではPCログイン許可の画面が表示されます。

ここで、スマホ画面の【入力】を選択しますと、PCのWeChatがあなたのアカウントでログインされいます。

スポンサーリンク

WeChatのPC版の使い方

画面を簡単に紹介しますと(上記のログイン後画面をご参考)

左は、あなたの友人一覧。右上は、チャット履歴エリア。右下は、入力エリアです。

入力エリアの顔マークを選択すると、使える顔文字、ステッカーなどが送信できます。

また、フォルダのアイコンを選択すると、PCに保存されているファイルを選択して、チャット相手に送れます。

また、うまくキャプチャー取れていませんが、ハサミのマークを選択すると、画面キャプチャーが取れます。範囲の変更やテキストの装飾などもできます。

PC版WeChatで使えない機能

PC版とスマホ版の違いをご紹介します。

簡潔に言うと、上記紹介した機能以外のWeChat機能は、ついていません。例えば、モーメンツ、機能管理、設定メニュー、ユーザーのブロックなどなど。

ですので、PC版WeChatは、スマホ版WeChatの補助ツールのような位置づけだと思います。

ただ、PCファイルの転送、文字の大量打ちには、PC版が適していますので、ニーズのある方は、ぜひ試してみてください。

では今回はここまで。

スポンサーリンク
SeeChina365が気に入ったら
いいね!お願いします。
最新情報をお届けします。
WeChat(微信・ウィーチャット)
スポンサーリンク
SeeChina365

コメント

タイトルとURLをコピーしました