【悩み解決】iPhone写真共有の時に勝手に表示される共有先を消す方法

暮らし・生活
スポンサーリンク

長年iPhoneを使ってきていますが、ずっと「どうにかしたいなぁ」と思っているところがありました。

昨日、ついに消し方がわかったので、ぜひ同じ悩みを抱えている方に伝えたいと思い、記事にしようと思います!

スポンサーリンク

長年の悩み!勝手に表示されるお友達などの共有先

iPhoneの写真を選択して、以下の共有アイコンを選びます

 

↑この共有のアイコンを押したら、以下の共有画面が表示されますよね。

上記の赤枠の部分は、人によって違ってくると思いますが、Slackの連絡先だったり、メッセージしている人だったり、そういった「共有先のおすすめ」みたいな部分が表示されます。

触れるだけで、その人、もしくは人たち、グループに写真が共有されてしまう仕組みになっていますが、正直、この表示がとても嫌いでずっと消したかったのです。

子供が勝手にiPhoneを触る時に、何回か危うく会社の同僚にプライベートの写真を共有するところでした。

勝手に表示される共有先候補の消し方

そこで、消し方なのですが、

iPhoneの設定を開き、「Siriと検索」を探して開きます。

 

次の画面で、(大体真ん中下あたりにありますが)「共有中に表示」という項目がONになっているはずです。

これがONになっていることで、さきほどの共有先が勝手に表示されるようになっています。

消し方も簡単で、この「共有中に表示」という項目をOFFにすることです。

こうすることで、さきほど勝手に表示される友達の共有候補が消えます。

検証のために、再度同じ写真を開き、共有アイコンを選択してみると↓

 

消えました!

同じ悩みを抱えている方、ぜひお試しください!

また、再び表示した場合、同じ項目をONにするだけで良いです。

では今回はここまで。

スポンサーリンク
SeeChina365が気に入ったら
いいね!お願いします。
最新情報をお届けします。
暮らし・生活
スポンサーリンク
SeeChina365

コメント

タイトルとURLをコピーしました