【SIMロック解除方法】ymobile(ワイモバイル)間のSIM差替がうまくいかない時の対応方法

暮らし・生活
スポンサーリンク

今回はymobile端末のSIMロック解除の方法をご紹介します。

少々わかりづらい記事タイトルになっておりますが、経緯は以下となります。

もし、早くやり方を知りたい方は、直接「自分でSIMロック解除のやり方(Ymobile)」部分をご覧ください。

スポンサーリンク

経緯

事情により、以下のことをやることになりました。

ymobile(ワイモバイル)の端末2つあります。

端末A(iphone7)はymobileショップで購入して、ショップで契約したもの。状態は良いが利用頻度は低い。

端末B(iphone7)はオークションで購入した中古品、SIMフリー、ymobileショップで契約したもの。利用頻度は高い。

端末Bが床への落下によりスクリーンに縦線が入り、見づらくなった。そこで利用頻度の端末Aと入れ替えようと考えた。

それぞれのデータをPCにバックアップし、AとBのデータを入れ替えた。

残りは、SIMを入れ替えるだけで、終了かと思ったが、そこで問題が起きた。

両方Ymobileなのに、SIM入れ替えても、AのSIMはBに使えますが、BのSIMはAで使えない!

SIMロックがかかっているため、アクティベートができない的な文言が表示され、ホーム画面も表示されない。

あと一歩だったのに、困った…

SIM入れ替えても使えない原因

翌日、Yモバイルのショップに行って実際の原因を聞いてみた。そこで店員さんがとてもわかりやすく説明してくれたおかげで、手数料が掛からずに、すぐに解決できました!本当に感謝です!

まずは原因です。

端末Bはオークションで購入したのでSIMフリー端末。

端末Aはショップで購入したので、SIMフリー端末ではない。

そこでSIMフリー端末か、そうでないかによって、SIMが違う。

だから同じYmobileなのに、SIM入れ替えても使えなかった。(なるほど!)

ネットで似ている記事が多く存在していますが、携帯キャリア関連の知識限界があり、正直読んでもよくわからなかった…けど、店員さんの説明がとてもわかりやすかったです。

対応方法

対応方法は簡単で、ショップで購入した端末AをSIMロック解除して、SIMフリー端末にすれば良いとのことでした。

やり方は、3つあると紹介された。

その1、店で端末AのSIMロック解除する(手数料は3300円ぐらい)

その2、端末B(SIMフリー)のSIMを端末Aで使えるように、SIMを入れ替える(これも3300円ぐらいかかる)

その3、自分で端末AのSIMロックを解除する(自分でやるので、手数料0円)

そこで、もちろん手数料かからないほうが良いので、その3のやり方でやりたいけど、どうやれば良いか正直わからなかった。

したら、店員のお姉さんは、優しくやり方を教えてくれました!

実は、それがほぼお店がやってくれたと同じぐらいのことをやってくれて、やり方も教えてくれた。なので、大変感謝しています。

スポンサーリンク

自分でSIMロック解除のやり方(Ymobile)

やり方はこうです。

Ymobileの端末で以下のURLをアクセスします。
https://www.ymobile.jp/support/process/unlock_procedure/

以下のページが表示されますので、いくつか選択問題を答える必要があります。

質問に回答したあと、ページの下のほうに以下の「MY Y!mobileでのお手続き」がありますが、右の「+」を選びます。

次は、「MY Y!mobileでのお手続きをする」ボタンをクリックします。

このページの後に、2つぐらいのステップはあります(キャプチャー取れませんでした…すみあせん)。ただ、どれもほぼボタンを押すだけなので、すぐ完了できると思います。

1点だけ、事前に準備必要なのは、上記の画面で記載している製造番号(IMEI番号)です。

IMEI番号はどのにあるかというと、以下の手順ですぐに調べられます。

iphoneの設定画面を開き、「一般」を選びます。

次の画面で、「情報」を選択します。

次の画面の真ん中下あたりに、IMEI番号が表示されています。

そこで、番号をメモを控えて、Ymobileの画面に入力しておけば、端末のSIMロッック解除ができるようになります。コピペも可能ですが、空白が入ったりしてうまく行かない時もあります。

最後に

今回は、店員さんが丁寧に手順を教えてくれて、隣で操作も見守ってくれたおかげで、すぐに自力でSIMロック解除ができたので、Ymobileのお姉さんにとても感謝しています。

同じ悩みを抱えている方の役に立てればと思います。

では今回はここまで。

スポンサーリンク
SeeChina365が気に入ったら
いいね!お願いします。
最新情報をお届けします。
暮らし・生活
スポンサーリンク
SeeChina365

コメント

タイトルとURLをコピーしました