iPhoneのsafariでサイト表示がおかしい時の対応_キャッシュクリア(キャッシュ削除)

暮らし・生活
スポンサーリンク

現在、ほとんどのサイトはPC、タブレット、スマホとも表示最適化されています(されているはず)。しかし何かしらの理由か、タイミングで、iPhoneのsafariでは、表示が崩れたり、変わるはずなのにうまく表示されないと感じるときもあります。

そういう「サイトの表示がおかしいなぁ」と思ったら、iPhoneのsafariのキャッシュクリアを試してみると良いと思います。

本記事では、サイト表示がおかしくなる理由とiPhoneのsafariのキャッシュクリア(キャッシュ削除)のやり方をご紹介します。

スポンサーリンク

サイト表示がおかしくなる理由

safariでサイト閲覧される際に、閲覧スピードをあげるためにサイトのキャッシュを貯めています。たまに、古いキャッシュが貯まったまま、サイトが更新されても、古いキャッシュの影響で正常に表示されない時もあります。

これがサイト表示がおかしくなる主な原因となります。

もちろん、他の原因も考えられますが、サイト運営側が何かしら更新をするときに表示テストを行うはずですので、運営側の更新ミスというのがめったに起きないと思います。

iPhoneのsafariのキャッシュクリア(削除)のやり方

iPhoneなら、以下の簡単な方法で、safariのキャッシュクリアを行うことができます。

まず、iPhoneの設定アプリを開き、下のほうへスワイプして、safariを探します。

iPhoneのsafariでサイト表示がおかしい時の対応_キャッシュクリア(キャッシュ削除)

safariのアプリが見つかったら、それを選択して、次の画面を開きます。

iPhoneのsafariでサイト表示がおかしい時の対応_キャッシュクリア(キャッシュ削除)

開いたら、safariの設定画面になります。ここでも、設定項目がたくさんがありますので、スワイプして一番下へいきます。

iPhoneのsafariでサイト表示がおかしい時の対応_キャッシュクリア(キャッシュ削除)

下に「履歴とWEBサイトデータを消去」ボタンがありますので、そこを選択します。

iPhoneのsafariでサイト表示がおかしい時の対応_キャッシュクリア(キャッシュ削除)

すると、下の画面のように、「削除しますか」と表示されますので、赤い文字の「履歴とデータを消去」を選択します。

iPhoneのsafariでサイト表示がおかしい時の対応_キャッシュクリア(キャッシュ削除)

これで、safariのキャッシュがクリア(消去)されますので、再度safariのアプリを立ち上げて、サイトを表示してみてください。

ほとんどの場合、治るはずです。

ぜひ、試してみてください。

スポンサーリンク
SeeChina365が気に入ったら
いいね!お願いします。
最新情報をお届けします。
暮らし・生活
スポンサーリンク
SeeChina365

コメント

タイトルとURLをコピーしました