JR西日本とアリババ、西日本エリアの観光誘致で提携―中国メディア

スポンサーリンク

引用元:レコードチャイナ

JR西日本とアリババ、西日本エリアの観光誘致で提携―中国メディア

阿里巴巴(アリババ)集団とJR西日本は24日、提携することを発表し、今後は中国の顧客に対する西日本エリアの観光地情報発信やJR西日本グループにおけるモバイル決済サービス「支付宝(アリペイ)」の導入、オリジナル商品の販売などの面で協力し、中国における西日本エリアの知名度を向上させたい考えだ。新華社が伝えた。

阿里巴巴集団とJR西日本は同日、共同で記者発表会を開き、「今回の提携は、主に阿里巴巴集団傘下の各種サービスを通して、一人でも多くの中国人観光客にJR西日本がカバーするエリアで旅行してもらうため」と説明した。

阿里巴巴傘下の旅行サイト「飛猪(Fliggy)」は今後、JR西日本旗艦店を開設し、「飛猪」限定の観光商品を打ち出すほか、その会員を対象とした割引サービスなども提供する計画だ。JR西日本は、傘下施設に「支付宝」を導入し、それら施設で決済すると、割り引きサービスが利用できるキャンペーンを1カ月限定で行う。その他、阿里巴巴集団はショッピングサイト・天猫国際で西日本エリアの商品を販売する。

JR西日本の来島達夫代表取締役社長は、「西日本エリアは世界遺産、景観、食、体験など数多くの観光資源があるにもかかわらず、東京、大阪と比べると残念ながら十分に認知されているとは言えない。阿里巴巴集団と提携し、旅マエ・旅ナカ・旅アトにおける一貫した施策を通じて、一人でも多くの中国人の方に、『西日本に行ってよかった!また行きたい!』と思っていただけるよう取り組む」としている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

>>引用元で続きを読む
※本記事は レコードチャイナ から引用しています。コンテンツ及び画像の著作権は、ニュースの引用元に帰属します。

スポンサーリンク
SeeChina365が気に入ったら
いいね!お願いします。
最新情報をお届けします。
ニュース
スポンサーリンク
SeeChina365

コメント

タイトルとURLをコピーしました