「AKB48選抜総選挙、今年は開催せず」に中国ネットも反応

スポンサーリンク

引用元:レコードチャイナ

2019年3月14日、中国でも広く知られる「AKB48選抜総選挙」が今年は開催されないとのニュースに、中国のネットユーザーが反応を示している。

AKB48は13日、毎年恒例の選抜総選挙を今年は開催しないことにしたと発表。「昨年開催10回を数え大きな区切りを迎えた」とし、ファンが心から応援したいと思えるグループになれるよう、引き続き日々精進していきたいとの考えを表明した。

AKB総選挙をめぐっては、中国富裕層の「指原推し」が注目を集めたり、渡辺麻友の1位獲得に中国のファンから「われらが大中華砲の威力!」の声が上がったりしたことも―。今年、11回目が開催されないことに対しては「世界総選挙があると思ったのに」「残念!」「一体なぜ?」「岡田奈々に投票しようと思ってた」などのコメントが寄せられる一方、「それもいいかも。さもないと内部に矛盾が起きやすくなる」「今年だけの見送りだったらすごくうれしい。去年はいろいろあったからね。立て直さなきゃ」との意見も聞かれた。(翻訳・編集/野谷)

>>引用元で続きを読む
※本記事は レコードチャイナ から引用しています。コンテンツ及び画像の著作権は、ニュースの引用元に帰属します。

スポンサーリンク
SeeChina365が気に入ったら
いいね!お願いします。
最新情報をお届けします。
ニュース
スポンサーリンク
SeeChina365

コメント

タイトルとURLをコピーしました