中国高速鉄道車内での喫煙、なぜ禁止してもなくならないのか―中国紙

スポンサーリンク

引用元:レコードチャイナ

2019年3月13日、中国でマナー問題が幾度となく注目を浴びる中、信息時報は「高速鉄道車内での喫煙、なぜ禁止してもなくならないのか」と題する記事を掲載した。以下はその概要。

高速鉄道に乗ったことのある人は車内で「喫煙禁止」の放送を聞いたはずだ。しかし、これに耳を貸さない人はいる。だからまた、逮捕者が出たのだ。強烈な喫煙願望のせいで列車全体の安全に影響を及ぼし、それと引き換えに500元(約8300円)の罰金と180日間の乗車制限処分が科せられるとは何とも割に合わない。違法行為にはペナルティーの度合いを引き上げ、それによって抑制力を高めることが必要かもしれない。

違法行為による「代価」を増すことは人々の自律意識の向上に役立ち、違法行為の減少につながる。危険運転と判断されたダンプカー運転手などの雇い入れを阻止しようという深セン市の動きは一つの「パンチ」と言えるだろう。危険運転に「失業」という代価が伴うからだ。

一方、交通安全を目指す上では弾力性も必要であり、深センで来月始まる電動自転車の走行制限緩和はその一例となる。多かれ少なかれどの乗り物にも安全上のリスクはあり、管理が適切であれば、マイナス要素も抑制されるはずだ。(翻訳・編集/野谷)

>>引用元で続きを読む
※本記事は レコードチャイナ から引用しています。コンテンツ及び画像の著作権は、ニュースの引用元に帰属します。

スポンサーリンク
SeeChina365が気に入ったら
いいね!お願いします。
最新情報をお届けします。
ニュース
スポンサーリンク
SeeChina365

コメント

タイトルとURLをコピーしました