墜落したエチオピア航空機、中国人8人も搭乗―中国紙

スポンサーリンク

引用元:レコードチャイナ

2019年3月10日、アフリカのエチオピア航空の旅客機が首都アディスアベバの国際空港を離陸後に墜落し、乗員乗客157人全員が死亡した。中国紙・南方都市報は、在エチオピア中国大使館からの情報として、同機には中国人8人が搭乗していたと報じた。

同紙によると、8人の内訳は男性5人、女性3人。うち1人は中国香港出身の国連環境計画(UNEP)職員で、他の7人は観光客や中国企業の派遣駐在員だという。

アディスアベバからケニアの首都ナイロビへ向かう予定だったエチオピア航空のET302便は、離陸から6分後の午前8時44分(現地時間)に墜落した。乗客149人および乗員8人全員が死亡したと伝えられている。(翻訳・編集/柳川)

>>引用元で続きを読む
※本記事は レコードチャイナ から引用しています。コンテンツ及び画像の著作権は、ニュースの引用元に帰属します。

スポンサーリンク
SeeChina365が気に入ったら
いいね!お願いします。
最新情報をお届けします。
ニュース
スポンサーリンク
SeeChina365

コメント

タイトルとURLをコピーしました