日本人男性が中国で財布なくした結果…―中国メディア

スポンサーリンク

引用元:レコードチャイナ

中国紙・国際旅游島商報(電子版)によると、海南省海口市で日本人男性が財布を紛失したものの、無事手元に戻るという出来事があった。

記事によると、騒動があったのは3日午前11時過ぎ。海口市の大学に在籍する松島さんは、日本から来た友人2人と自宅に戻るため36番の路線バスに乗車。しかし、降りる際に慌てていたため、日本円や中国元の現金、身分証、クレジットカード、鍵などが入った財布を車内に落としたという。

30分後、自宅に到着してから財布がないことに気付いた松島さんたちは、バス会社のコールセンターを通じて同路線の管制室に連絡。この時、ちょうどそのバスを運転していた蔡信雷(ツァイ・シンレイ)さんが、松島さんの財布を管制室に届けに来ていた。蔡さんによると、財布はほかの乗客が遺失物として届けてくれたという。

同日午後1時30分、管制室を訪れ財布を受け取った松島さんは、感激した様子で担当者に何度も感謝の意を伝えたという。(翻訳・編集/北田)

>>引用元で続きを読む
※本記事は レコードチャイナ から引用しています。コンテンツ及び画像の著作権は、ニュースの引用元に帰属します。

スポンサーリンク
SeeChina365が気に入ったら
いいね!お願いします。
最新情報をお届けします。
ニュース
スポンサーリンク
SeeChina365

コメント

タイトルとURLをコピーしました