「見えっ張り」から「賢く」へ 変わる中国消費行動

スポンサーリンク

引用元:日本経済新聞

かつては安かろう悪かろうで不人気だった中国製品に対し、「価格は高いが高品質」という海外ブランドが中国で人気を集めてきた。スタバや無印良品はこうした潮流に乗り人気を得た。ただ最近は、中国企業が豊富な資金力や人工知能(AI)、地の利も生かして「価格も安くて、品質もまあまあ良い」商品作りを売りに、外資に伍(ご)する消費関連企業が多くの分野で育ってきた。

>>引用元で続きを読む
※本記事は 日本経済新聞 から引用しています。コンテンツ及び画像の著作権は、ニュースの引用元に帰属します。

スポンサーリンク
SeeChina365が気に入ったら
いいね!お願いします。
最新情報をお届けします。
ニュース
スポンサーリンク
SeeChina365

コメント

タイトルとURLをコピーしました