恐ろしい食肉魚、団地の人造湖の生き物を全滅させる

話題
スポンサーリンク

中国の広西省のとある団地に人工で作られた湖があり、もともと観賞用に作られたが、9歳の女の子が魚に餌やりしていると、魚に噛まれ怪我を負った。

 

調べたら、その魚が「アリゲーターガー」という魚で性格が凶暴、口先がとんがっていてワニに似ている、また凶暴というのは、水の中の生き物なら、ほとんど食べてしまうという恐ろしい魚です。

いままで2匹が確認され、困った住民が、以前に釣り上げようとしたが大きすぎてプロの道具がないと引き上げられないことだった。

今回の女の子怪我事件を経て、管理会社がやっと池の水を吸い上げ、空にしてから魚を捕る作戦に出た。

結果、池の中のアリゲーターガーは全て5匹!一番大きいのが1.45メートル、50kgぐらいの重さだった。

また池の中の魚が、錦鯉も含めてほとんどこの5匹に食べられていたことがわかった。

アリゲーターガーは外来種で、どこから来たかはっきりわかりませんが、飼っている住民が池に生かしたのではないかと推測されている。

スポンサーリンク
SeeChina365が気に入ったら
いいね!お願いします。
最新情報をお届けします。
話題
スポンサーリンク
SeeChina365

コメント

タイトルとURLをコピーしました