【民国美人】中華民国時代の美女たちのクオリティが高い

Beauty
スポンサーリンク

中華民国、1912年成立し1949年に台湾に移転したという、大雑把に考えるとそういった時間軸で、1949年以降は、中国共産党による中華人民共和国が建国されますが、今回は、中華民国が大陸を統治していた時代の美女をご紹介します。

その時代(約100年前)に、二重シールとか、美顔カメラとか、ファンデーションとか、いまの時代と違って大した化粧術、小道具、撮影技術もないので、今回取り上げる方々は本当の美人だと思います。

 

ではいきましょう。

①徐谟佳

中国上海出身、1923年生まれ、漢民族。民国時代に「上海最も美しいLADY」と呼ばれていたようです。

徐谟佳

②黄柳霜(Anna May Wong)

1905年に、アメリカの華僑過程から生まれ、ハリウッド俳優。

中国人としては最も先にハリウッドで俳優になったと言われています。

③陆小曼

1903年上海生まれ、頭もよくいわゆる才色兼備の女性、百度百科では、近代女性画家とも呼ばれています。

陆小曼

陆小曼

④唐瑛

1910年生まれ、漢民族、俳優。父親はドイツ留学して医術を身に着け、上海で個人クリニックを開き、富裕層からの依頼もあり、唐瑛の家計は裕福だったと言われている。

陆小曼

唐瑛

唐瑛

唐瑛

⑤严仁美

1915年上海生まれ、民国の名媛と呼ばれている。家庭は裕福だったそうですが、严仁美の母親が高熱で早産だったらしく、生まれたばかりの严仁美は髪の毛がなく、とても痩せていたが、成長につれてますます美人になり、やがて民国の名媛と呼ばれるようになる。

严仁美

いかがでしたでしょうか。

民国美人はまだまだ多くいますので、データが集まったら、またご紹介します。

スポンサーリンク
SeeChina365が気に入ったら
いいね!お願いします。
最新情報をお届けします。
Beauty
スポンサーリンク
SeeChina365

コメント

タイトルとURLをコピーしました