【画像・動画】神の手?シャングリラの千年菩提樹から手が!?

話題
スポンサーリンク

中国雲南省のシャングリラ(香格里拉)地区の一本の3000年の菩提樹、木の形状が鳳凰に似ているため、人々に「鳳凰菩提」と呼ばれている。(神々しい名前ですね)

近日、この鳳凰菩提樹の近くの石と石の隙間から「手」が伸びてきたのが、話題になっている。

 

話題の「手」の写真はこちら

怪奇!シャングリラの千年菩提樹から手が!?

5本指もついているし、しっかり「手」の形になっていますね!

通りかかりの観光客は最初は「手!?」と認識して大変びっくりされたようですが、よく見たら木の根幹が伸びているのがわかり、写真や動画を撮ってSNSで共有した。

その地域は、自然生態保護地域で観光客に開放して間もないため、神々が住むところと言われ、自然の絶景も多く残されているという。

地域の管理者が、この「仏の手」が観光者に破壊されないように、柵を設けたり、参拝ができるように周辺環境を整えたりしている。

インタビューで、最初に写真を撮った観光客からは、「最初は殺人事件の死体かと思った」とコメントしている。

最後に、動画をご覧ください。

スポンサーリンク
SeeChina365が気に入ったら
いいね!お願いします。
最新情報をお届けします。
話題
スポンサーリンク
SeeChina365

コメント

タイトルとURLをコピーしました