【10分簡単中華料理】さっぱり甘酸っぱいキュウリ(冷菜)

料理
スポンサーリンク

自分にとって料理する=気分転換になっていますので、暇になったらyoutubeやネットでレシピを検索していろんな料理を挑戦しています。(ただし結果的に、ほとんど中華ですが…)

いろいろ試しているなか、今回ご紹介する「キュウリ」の冷菜は、「あんまり手をかけず」「時間もかからず(10分ぐらい)」「だけど結構美味しい」部類になりますので、ぜひご自宅でお試ししてみていただければと思います!

では作り方をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

準備する材料

小ねぎ(もしくは万能ねぎ)

にんにく(匂い気になる方は入れなくてもOK)

キュウリ2本か3本

鷹の爪(辛いもの食べれない方は入れなくてもOK)

パクチー(好みの量でOK)

砂糖、醤油、ポン酢、ごま油適量

作り方:材料の準備

まず、小ねぎを3,4センチに切る(存在感や食感を出すために、細かく切らなくても良い)。

また、にんにくもみじん切りではなく、包丁で押しつぶして写真のような大きさで切れば良い。

次はキュウリです。切り方の説明は難しいんのですが…包丁の面のキュウリに当てて、押しつぶして、1センチか2センチぐらいの間隔で切る。下の写真をご参照。

※丁寧に切る方法は一般的ですが、あんまり味が染み込まない感じでした。

次は、鷹の爪、辛味を加えます。

しっぽを切って

中から種が出るはずですが、

辛いのが好きな方は、種も全部入れてください。もし辛さを抑えたいなら、種を捨てて赤い部分だけ入れてください。自分の場合、全部入れていて、それなりに辛さが強調されます!

次は、パクチーです。あんまり大手スーパーでは売られていませんが、もしあるなら、さらに中華の感覚が強くなります。

それで材料を切ったら、ボウルに投げ込みます。順番は問いません!

スポンサーリンク

作り方:調味

ここからは、調味になります。

まずは砂糖。大さじ一杯?ぐらい。(ごめんなさい、自分の場合はさじで測っていなく、いつも目検の適量になります)

ごま油、少し多めのほうがおすすめです。大さじ一杯ぐらいかな。

醤油、大さじ一杯。

あと、ポン酢、大さじ2−3杯ぐらいです。ポン酢は甘めなので、多めに入れたほうが美味しい!

調味料はこれで以上です。

すべてボウルに入れたら、あとは混ぜ混ぜだけで完成します。

コツ:これやったらもっと美味しく頂けます

作るのはこれで以上ですが、コツとして1つご紹介します。

それは、冷蔵庫に入れて10分ぐらいおいておきます、味がよりしみこんで、より爽やか感がでるからです。また、おいておく時間は長くなっても(半日とかでも)問題ありません。ごま油が入っていますので、素材の変色はあんまりありません。

完成形

お皿に持ちつけてみました。斜め上のイメージ↓

真上から見るとこんな感じです。

時間がかからず、手軽に作れるため、ぜひ試してみて頂いて、よかったら感想をお聞かせください。

では今回はここまで。

 

スポンサーリンク
SeeChina365が気に入ったら
いいね!お願いします。
最新情報をお届けします。
料理
スポンサーリンク
SeeChina365

コメント

タイトルとURLをコピーしました