【旧正月・春節】元宵節(元宵节)の由来、旧正月の締めに何をやる?何を食べる?

文化・習慣
スポンサーリンク

今回は中国の「元宵節」についてご紹介します。

大体旧正月は、旧暦の12/23の「小年」からはじまり、旧暦の1/15の「元宵節」で終わりますので、「元宵節」は旧正月「最後の休日」にもなりますね。

2021年だと、「元宵節」は2月26日(金曜日)ですね。

スポンサーリンク

「元宵」はどういう意味?

「元宵節」という名の由来ですね。

「元」は旧正月を指します。中国では、正月を「元月」とも呼びます。

「宵」は満月の夜を意味します。

「元宵」この二文字をあわせ、「旧正月最初の満月の夜」の意味で、旧暦の1月15日が「元宵節」と呼ばれています。

「元宵節」の由来(伝説版)

「元宵節」の由来はいくつかありますが、面白そうなのをご紹介します。

昔々、神獣がよく人間にきて暴れたり人に被害を加えたりしたそうだ。

そこで、人々は狩人を集めて二度と被害を加えないよう、迷惑な神獣を狩ることにした。

とある日、神様の一匹の神鳥(おそらく、ペットみたいな…)が人間界に降りてみたら、誤って狩人たちに殺されてしまったという(別に迷惑はしていなかったかと)

マイペットが殺されてしまった神様は、怒り心頭💢、天兵を遣い、人間たちに罰を下して来い!という事態になった。

神様の娘は、人間たちが可哀想だと思い、天兵がくる前の夜に、人間界に降りてきて人々の夢に「天兵がくるから、1月15日の夜に、火を灯して爆竹を放ち大騒ぎするようにしましょう!」と告げた。

同じ夢をみた人々はそのお告げを信じ、1月15日に「たくさんの灯籠に火を灯し、爆竹で煙をあげ、大騒ぎ」をしていた。

天兵たちはこの大騒ぎの様子をみて、人間界は大変でもう罰は受けていると考え、神様に報告してことなきを得たと。

そこから人々は神様の娘への感謝と、「作戦成功」した日を祝日として、毎年1月15日に同じことをやることになり、今の「元宵節」となった。

スポンサーリンク

「元宵節」に何を食べる?

「元宵節」は、まだ旧正月なので餃子とか、魚とか、いいものはたくさん食べますが、一番象徴的な食べ物は「元宵」という食べ物だと思います。

生の元宵

茹でるとこうなる

中身はこうなっている

お持ちみたいな外側で、中身に餡が入っているもので、外側はみんな共通ですが、餡は黒ごまだったり、ナッツだったり、いろいろあります。

元宵節は、「元宵」を食べる!ことと、「元宵」は↑このようなものだ!とさえ覚えれば、ばっちりだと思います(笑

「元宵節」に何をやる?

由来の部分ではふれましたが、「元宵節」ではいくつかお決まりのやることがあります。

灯籠を飾る

自分が子供の頃に、実際に灯籠を買ってきて、毎年の元宵節に玄関に飾っていた記憶は、いまでもはっきり残っています。その時親が教えてくれたのは、「みんな灯籠を飾っている、飾っていない家は留守しているからだ」とか。

その時はちゃんと蝋燭を付けて灯籠に入れたのですが、今となって、ほとんど電気つけるだけになってしまいましたね(笑。少し寂しい…

おいしい元宵を食べる

すでにご紹介しましたが、やはり「元宵」を食べないと「元宵節」になりませんね。

ちなみに、揚げ元宵もよく食べてました。

灯会に行く

これは町の行事みたいなもので、いろんな綺麗な灯籠を飾っているので、みんなそこにいって灯籠を見る。という習慣ですね。雰囲気だと、日本のお祭りと一緒です。

爆竹

爆竹をやるのは、旧正月では、この「元宵節」で最後です。なので、残りの爆竹を残さずに、出し切るのです。

最後に

いかがでしょうか。これぐらいやると、旧正月最後の大騒ぎの日としてちゃんと締まっていますね。

旧正月について興味ある方は、こちらをご覧ください。

では今回はここまで。

スポンサーリンク
SeeChina365が気に入ったら
いいね!お願いします。
最新情報をお届けします。
文化・習慣
スポンサーリンク
SeeChina365

コメント

タイトルとURLをコピーしました