【親・保護者向け】16歳未満の中国人のパスポート更新手続きまとめ

中国人ビザ更新関連
スポンサーリンク

過去のこちらの記事では、中国人のパスポート更新手続きをご紹介しました。

【2019.1.1からルール変更】中国人のパスポート更新手続きまとめ

今回は、お問い合わせも多数頂いておりました「16歳未満の中国人」のパスポート更新手続きをご紹介します。

16才未満の中国国籍をお持ちの方のパスポート更新手続きは、親・保護者の同行が要求されます。本記事では、主に親・保護者が、何を準備しないといけないかをご紹介します。

スポンサーリンク

いつから更新手続き可能?

パスポート期限を迎える1年前から、もしくは、空白ページがなくなったら、更新可能です。

必要資料

16才未満の中国国籍の申請者が用意するもの

多分、親・保護者の方が代わりに用意されるケースが多いと思いますが、いちおう16才未満の申請者の情報でご準備ください。

  1.  オンライン予約。予約の際に、いつ大使館に行くかの日程、申請者の個人情報などの入力が求められます。また、予約後にPDFが生成されますので、それを紙に印刷して、申請当日に印刷された何枚の紙を大使館に持っていく必要があります。詳しくは、別記事の「【重要】オンライン予約について」部分をご覧ください。
  2.  パスポートの原本、写真ページのコピー。
  3.  6ヵ月以内に撮影されたカラーの証明写真二枚
    写真については、こちらの写真規則(中国語)に記載されていますが、主に、背景白、サイズは大体横3.3cm、縦4.8cmで問題ないです。
  4.  在留カードの原本と原本の表、裏のコピー

親・保護者が用意するもの

大使館の記載では、1名の分で良さそうな内容ですが、念の為、取れるなら両親のもの両方用意されたほうが安全かと思います。(個人意見)

5.パスポートの原本、写真ページのコピー。

6.住民票(3ヶ月以内発行のもの、親族証明のため)

スポンサーリンク

ご注意点

必要資料は、上記となりますが、いちおう何点かご注意点も書いておきます。

オンライン予約は必ず行うこと

2019.1.1以降はオンライン予約が必須となりました。東京六本木の大使館では、まずは「オンライン予約しましたか?」と聞かれて、オンライン予約で出力されたファイルの提示が要求されます。それがないと、受付の番号すら受け取れません。

写真のアップロード

自分の場合、写真アップロードが失敗しました。それで出力されたPDFでは写真がないまま、大使館に申請に行きましたが、2枚の証明写真さえ持っていけば、1枚は印刷されたファイルに貼り付けるようにと言われました。

なので、オンライン予約の際に写真のアップロードが失敗、もしくは、そのステップをスキップしてでも、問題なさそうです。

予約の変更、キャンセル

予約の変更は、1回のみ可能です。オンライン予約の最初に秘密の問題と回答が記入されたが、それを使ってログインしたあとに、予約の変更が可能になります。

手数料と支払い

申請当日には、お金はかかりません。受け取る予定日に行く際に、2000円の手数料が発生します。

また、受け取りに行けない場合、郵送も対応してくれます(着払い)。

最後に、リンク集

最後に、各種リンクを用意します。

1.中国大使館のホームページ(中国語)

2.中国大使館のホームページ(日本語)

3.オンライン予約

4.写真規定

5.中国人(16才以上の成人)がパスポート更新手続きまとめ

では、今回はここまで。

スポンサーリンク
SeeChina365が気に入ったら
いいね!お願いします。
最新情報をお届けします。
中国人ビザ更新関連
スポンサーリンク
SeeChina365

コメント

タイトルとURLをコピーしました