【閲覧注意】世界最も気持ち悪い食べ物博物館!中国と日本の食べ物が多数展示される

【閲覧注意】世界最も気持ち悪い食べ物博物館!中国と日本の食べ物が多数展示される



LINEで送る
Pocket

10月31日、世界の最も気持ち悪い食べ物の博物館が、スウェーデンのマルモで開館される。そこに世界中のすごい食べ物が展示される予定で、そのうち、中国の食べてもの多数、日本の食べてものも入選されています。

広告

まず、ご覧になる前に、心の準備をしっかりとしていただければと思います。

中国出身の僕でも、これはちょっと…というのが多くありましたので、相当インパクトある食べ物たちと想定しておいてくださいね。

では、少し行を空けていきましょう。

その1、コウモリ

【閲覧注意】世界最も気持ち悪い食べ物博物館!中国と日本の食べ物が多数展示される

その2、臭豆腐

【閲覧注意】世界最も気持ち悪い食べ物博物館!中国と日本の食べ物が多数展示される

中国の食べ物ですが、豆腐を発酵させた保存食みたいなものです。見た目はもちろん気持ち悪いし、匂いもかなりインパクトのあるので、日本の納豆と比べたら、納豆のほうがまだまだかわいいです。

その3、Su Callu Sardu

【閲覧注意】世界最も気持ち悪い食べ物博物館!中国と日本の食べ物が多数展示される

これは見たことないですが、羊脂?からできたチーズらしいです。食感は…蝋を噛んでるとのコメントがありました…

その4、兎頭

【閲覧注意】世界最も気持ち悪い食べ物博物館!中国と日本の食べ物が多数展示される

これは兎の頭で、しかも麻辣味!

その5、Menudo

【閲覧注意】世界最も気持ち悪い食べ物博物館!中国と日本の食べ物が多数展示される

メキシコの伝統的なスープで、牛の胃袋とか内蔵が材料。

その6、仔ねずみの酒

【閲覧注意】世界最も気持ち悪い食べ物博物館!中国と日本の食べ物が多数展示される

ねずみの赤ちゃんをそのまま酒に入れて作られたお酒。

その7、納豆

【閲覧注意】世界最も気持ち悪い食べ物博物館!中国と日本の食べ物が多数展示される

日本の食べ物の納豆も入選されています!たしかに納豆はね…中国にはなかったので、最初日本で食べたときは、結構衝撃を受けました、食べ方も含めて。

広告*

その8、猫うんちコーヒー

【閲覧注意】世界最も気持ち悪い食べ物博物館!中国と日本の食べ物が多数展示される

率直にいうと、猫の排泄物です。

その9、Kale Pache

【閲覧注意】世界最も気持ち悪い食べ物博物館!中国と日本の食べ物が多数展示される

名前の意味はよくわかりませんが、イランの羊スープのようです。材料として、羊の頭、足、内蔵が入っています。

その10、Casu Marzu

【閲覧注意】世界最も気持ち悪い食べ物博物館!中国と日本の食べ物が多数展示される

サルデーニャ島の生きているウジ虫付きのチーズ。館長によると、見た目は微妙だが、美味しいらしいです。

その11、ドリアン

【閲覧注意】世界最も気持ち悪い食べ物博物館!中国と日本の食べ物が多数展示される

確かに臭いのですが、まあ日本でもたまに見かける食べ物ですので、詳細紹介を控えます。

その12、牛のペニス

【閲覧注意】世界最も気持ち悪い食べ物博物館!中国と日本の食べ物が多数展示される

生々しい…痛々しい。料理と思ったら、↓のお酒に使われるようです。

【閲覧注意】世界最も気持ち悪い食べ物博物館!中国と日本の食べ物が多数展示される

中国では、オス動物の生殖器をよく「○○鞭」と呼ばれます。例えば、牛鞭、虎鞭、羊鞭などなど。このお酒は牛鞭を使って作られたもののようです。

その13、ピータン(皮蛋)

【閲覧注意】世界最も気持ち悪い食べ物博物館!中国と日本の食べ物が多数展示される

ピータンは中国の食べ物で、石灰を使って作られるもので、見た目は気持ち悪いけど、中国人ならかなり馴染んでいる食べ物です。

いかがでしょうか。

よく考えたら、臭豆腐、ピータンなど中国のいわゆる気持ち悪い食べ物は、わりと平気で食べられます。ということは、日本の納豆が当たり前のように食べられていると同じく、食べ物は、慣れるものだと考えます。食卓で見慣れているもの、食べ慣れているものなら、別にそこまで気持ち悪く考えないですよね。

ご意見はぜひコメント欄か掲示板にお願いいたします。

画像の引用元:搜狐

LINEで送る
Pocket


SEECHINA365交流掲示板を開設いたしました。コメント欄と比べてファイル添付、複数回やり取りができるなど、交流がしやすくなりますので、ぜひご利用ください。掲示板はこちらから。

コメント・ご質問はこちら