【神秘】河北省の双塔山(Twice-tower Mountain)のお寺がどう作られたか未だに謎

【神秘】河北省の双塔山(Twice-tower Mountain)のお寺がどう作られたか未だに謎



LINEで送る
Pocket

中国の河北省承徳市に「双塔山(Twice-tower Mountain)」という観光名所があり、そこの山の上に2つのお寺が建てられています。そこが今回ご紹介するお寺です。

文字だけでは、さっぱり意味わからないと思いますので、写真を御覧いただきましょう。

この独特な地形で、なんの現代の建築道具、運搬手段のない中国古代では、双塔山の上にどうやって2つのお寺を建てたのか、中国の建築専門家も解明できてないようです。

広告

【神秘】河北省の双塔山(Twice-tower Mountain)のお寺がどう作られたか未だに謎

この双塔山とお寺がもう千年近くの歴史を持っており、独特の山頂が比較的に広く、ふもとが細い形になっています。また、周辺地域には、珍しい植物、薬草等が生い茂て、歴代の皇帝の避暑地としても有名なところです。

【神秘】河北省の双塔山(Twice-tower Mountain)のお寺がどう作られたか未だに謎

専門家によると、山の周りに小さい穴があり、おそらく古人が上り下り用に作られたと推測される。

【神秘】河北省の双塔山(Twice-tower Mountain)のお寺がどう作られたか未だに謎

もう一説によると、双塔山の周りは、かつて双塔山と同じ高さの平地で、そのときに建てられたお寺だと。時間が経つにつれて、地形変化により、周りがだんだん沈んでゆき、今の風貌になったという推測もあります。

いずれにしても、いまこの双塔山のお寺について、まだ謎が多く残されています。

写真の引用元:天天快报

LINEで送る
Pocket


SEECHINA365交流掲示板を開設いたしました。コメント欄と比べてファイル添付、複数回やり取りができるなど、交流がしやすくなりますので、ぜひご利用ください。掲示板はこちらから。

コメント・ご質問はこちら