中国人のパスポート更新手続きまとめ



LINEで送る
Pocket

中国籍ですが、そろそろパスポートの期限が来ますので、更新手続を行いました。

手続きが面倒なわけではありませんが、情報収集に少し時間がかかりましたので、本記事でまとめておきます。

同じく中国のパスポート更新を考えている方のご参考になればと思います。

広告

いつから更新手続き可能?

パスポート期限を迎える1年前から、もしくは、空白ページがなくなったら、更新可能です。

必要資料

1,記入済みの「中華人民共和国パスポート・旅行証・回国証明申請表」

申請表のダウンロードはこちら(Wordファイル・中国語)

中国語で記入してプリントする必要があります。

2.パスポートの原本、写真ページのコピー。

3.6ヵ月以内に撮影されたカラーの証明写真二枚

写真については、こちらの写真規則(中国語)に記載されていますが、主に、背景白、サイズは大体横3.3cm、縦4.8cmで問題ないです。

4,在留カードの原本と原本の表、裏のコピー

5.もしパスポートの期限が過ぎてしまっている場合は、期限が切れてしまった状況、理由を説明書にして提出。

パスポート切れてしまったあとの申請じゃなければ、基本1~4まで用意すれば大丈夫です。

オンラインで更新予約を申請するシステムもあります。そのシステムはこちら

やっておけば、上記の1は必要なくなります(すべて申請ページで記入しているため)が、送信された記入済みPDFをプリントして持っていく必要があります。

ただ

・かなり記載事項が多い

・一度予約したあと、予約のキャンセルできるリミットがかなり短い

・予約キャンセルできない状態で、再入力ができない

というデメリットがあります。

当日の申請

自分の場合、東京の六本木にある中国大使館に行きました。予約番号持っている人は2階、持っていない人は3階でした。

9時〜10時は少し混雑していますが、それでも待ち時間10分ぐらいで手続きができました。

受け取り

受け取りは、一律、申請日+15営業日なので、約1ヶ月後ですね

そして申請日はお金支払いは発生しません。受け取りの際に約3000の手数料がかかるとのことでした。

 

今回はここまで。

LINEで送る
Pocket


SEECHINA365交流掲示板を開設いたしました。コメント欄と比べてファイル添付、複数回やり取りができるなど、交流がしやすくなりますので、ぜひご利用ください。掲示板はこちらから。

コメント・ご質問はこちら