Alipay(支付宝)が薬局とコラボして未来薬局(アリペイ薬局)を立上げ



LINEで送る
Pocket

目をつけた領域に変革が起きる!もはや伝説のようなジャック・マーが今度、薬局とコラボしはじめました。

これまでは、無人コンビニ、無人ガソリンスタンド、無人スーパー、無人駐車場、無人病院…

ある意味、ひたすら人をなくそうとしているように見えますが、まあいちおうここでは、技術革新による人力資源の最適化と言っておこう。

ただ今度はまた医療業界の薬局を無人化という言い方はちょっと妥当ではありません。人(薬剤師、医師)は相変わらずいるのですが、やり方をスマートに変えているだけです。

広告

では今回のニュースです。

第一号店のアリペイ薬局が開店!

Alipay(支付宝)が薬局とコラボして無人薬局(アリペイ薬局)を立上げ

場所は中国河南省鄭州市で、その名はずばり、「支付宝未来药店」(アリペイ未来薬局)です。

こちらは全国はじめてのスマート薬局として中国のニュースサイトで取り上げられています。

ほかの薬局と違うところは、ここではアリペイの決済技術と信用評価技術が組み込まれています。

そこで、顔認証で支払い、医師オンライン面談(予約必要)、信用レンタル(お預け金なし、保証金なし)、デジタル保険金支払い、24時間のセルフ式の薬購入などが実現されています。

Alipay(支付宝)が薬局とコラボして無人薬局(アリペイ薬局)を立上げ

アリペイと顔認証、医療カードとリンクして於けば、財布はもちろん、保険カード、身分証明書も必要なしで、医師相談、薬の購入ができるようになります。

Alipay(支付宝)が薬局とコラボして無人薬局(アリペイ薬局)を立上げ

また、信用評価点数(アリペイの信用点数)が600点を超えれば、お預け金なしで、医療設備のレンタルも可能です。

Alipay(支付宝)が薬局とコラボして無人薬局(アリペイ薬局)を立上げ

セルフ式の薬販売ですが、一般的な常用薬品なら、24時間購入可能になります。例えば、風邪薬、腹痛、下痢、咳止め、解熱剤などなど。

Alipay(支付宝)が薬局とコラボして無人薬局(アリペイ薬局)を立上げ

また、自分の症状判断に自信がなくカウンセリングがしたい場合、オンライン予約して、店舗の端末で医師との面談、問診も可能です。

広告*

動画

こちらは中国の腾讯视频に上がっているイメージ動画です。中国語になりますが、ご覧頂いて、雰囲気は伝わると思います。画像をクリックすると別ウィンドウで動画が開きます。

引用元:今日头条 腾讯视频

LINEで送る
Pocket


SEECHINA365交流掲示板を開設いたしました。コメント欄と比べてファイル添付、複数回やり取りができるなど、交流がしやすくなりますので、ぜひご利用ください。掲示板はこちらから。

コメント・ご質問はこちら