ETC必要なし!ウォレット(アリペイ・wechat pay)連携で支払いの新モデル「无感支付」(insensible payment)



LINEで送る
Pocket

中国では車が多い、自家用車も多い、休日になると高速、駐車場が激混みという現状が、各媒体で報道されています。ある意味日本もそうですね。

そこで、中国のメジャーウォレットのアリペイ(alipay・支付宝)とwechat payの新しい仕組みを利用して支払い面で渋滞解消の試みが始まっています。

広告

「无感支付」(insensible payment)

中国語では、こういう名称と呼ばれていますが、「无感」とは、感じることなくの意味で、英語ではunfelt、insensibleが近いかと思います。

「无感支付」というと、まだ正式な名称は見当たりませんが、本サイトではいちおう、 insensible payment(インセンシブル ペイメント)と呼んでおきます。

仕組みは、各駐車場もしくは高速口で設置したカメラに車のナンバープレートスキャン機能を組みんで、銀行カードと連携させて、設定された料金の支払いをカード経由で行うこと。

広告*

車主は初回に、スマホでバーコードスキャンして車とウォレットの登録を行い、車のナンバーと銀行カードを連携させると、次回から車が出入りする際に、所定料金が自動的に徴収されるとなります。

wechat payの場合

車ナンバーとwechat アカウントと連携し、パスワード入力をスキップと設定すれば良い。
もし心配なら、プリペイド方式で少額の預金をして、残金切り崩し方式も可能。また、精算が発生したら、SMSで通知される機能もある。

アリペイ(alipay・支付宝)の場合

信用スコアが550点以上なら、車とアリペイと連携して利用可能。高速から降りるときにお金のやり取りも、スマホを取り出す必要もない。

現状、アリペイは河南省、wechatは山東省からテスト開始していますが、ゆくゆくは、全国に広げると見込まれています。

引用元:今日头条

LINEで送る
Pocket


SEECHINA365交流掲示板を開設いたしました。コメント欄と比べてファイル添付、複数回やり取りができるなど、交流がしやすくなりますので、ぜひご利用ください。掲示板はこちらから。

コメント・ご質問はこちら