WECHAT(微信)の小技集04:ミニプログラムで翻訳アプリとして使う

WECHAT(微信)の小技集04:ミニプログラム「腾讯翻译君」を翻訳アプリとして使う



LINEで送る
Pocket

今回は、wechatのミニプログラム、翻訳機能をご紹介します。

使ってみた感想は、結構精度もよく普通に翻訳アプリとしても使えると思います。

特徴としては、話して、翻訳してくれるところになります。

広告

翻訳機能のwechatに追加

テンセントが提供している「腾讯翻译君」(テンセント翻訳くん)の機能を利用します。
まず、チャットの画面を開き、画面を下に引っ張ると、検索窓が現れます。

WECHAT(微信)の小技集04:ミニプログラムで翻訳アプリとして使う

そこに、下記の中国語をコピペで入れて検索します。

翻译

WECHAT(微信)の小技集04:ミニプログラムで翻訳アプリとして使う

こちらに入力するのは、「中国語」の「翻訳」漢字になります。日本語で入力すると文字が違うか、翻訳くんがうまく引っかかりません。

検索したら、一番上に翻訳くんが検索結果に表示されましたので、それを選択してください。

WECHAT(微信)の小技集04:ミニプログラムで翻訳アプリとして使う

すると、翻訳くんの画面が立ち上がります。

WECHAT(微信)の小技集04:ミニプログラムで翻訳アプリとして使う

最初の設定は、中国語→英語になりますので、左上の矢印部分を選択して、

「中→日」を選んで言語切替ください。

WECHAT(微信)の小技集04:ミニプログラムで翻訳アプリとして使う

切り替えたら、このように表示されます。

WECHAT(微信)の小技集04:ミニプログラムで翻訳アプリとして使う

この画面の一番下に、左が「押して中国語を話す」、中→日機能になります。
右が「押して日本語を話す」、日→中機能となります。

翻訳くんの使い方

使い方も簡単で、音声チャットを利用する方ならすぐに慣れると思います。

左のボタンを押して、中国語を話してみます。

WECHAT(微信)の小技集04:ミニプログラムで翻訳アプリとして使う

「正在翻译」(翻訳中)と表示され、少ししたら、中国語と日本語のセットが表示されます。

WECHAT(微信)の小技集04:ミニプログラムで翻訳アプリとして使う

同じく、右のボタンを押して日本語を話すと、中国語に翻訳され、日本語→中国語のセットが表示されます。

WECHAT(微信)の小技集04:ミニプログラムで翻訳アプリとして使う

実際の翻訳されたのはこちらになります。

WECHAT(微信)の小技集04:ミニプログラムで翻訳アプリとして使う

話すスピードは普通より少し早めでしたが、日本語→中国語、中国語→日本語も精確に翻訳されていますね。

精度が高そうなので、語学勉強にも使えそうです。

最後、翻訳くんの閉じ方

翻訳くんの右上のアイコンをクリックすると、閉じられます。

ぜひ試してみてください。

LINEで送る
Pocket


SEECHINA365交流掲示板を開設いたしました。コメント欄と比べてファイル添付、複数回やり取りができるなど、交流がしやすくなりますので、ぜひご利用ください。掲示板はこちらから。

コメント・ご質問はこちら