中国の人気SNS微信(WECHAT)の使い方20_送信したメッセージの取り消し方法



うっかりして送りたくないメッセージを相手に送ってしまった!なんて、誰もが一度か二度ぐらい経験しているかと思います。

ちなみに、LINEは送ったメッセージと削除はできるようですが、どうやら自分の端末のみで、相手の端末から消されないという、あんまり意味のない機能があるようです。

だけど、WECHAT(微信)では、実際のメッセージを、受信相手の履歴からも消す方法があります。今回はそのやり方と、相手にどのように見えるか、をご紹介します。ただ、ボロがでる場合もありますので、ぜひ最後まで読んで下さい!

広告

送ったメッセージの削除

まずは、うっかりして、相手を不快させるメッセージを送ってしまいました。。。

中国の人気SNS微信(WECHAT)の使い方20_送信したメッセージの取り消し

取り消したい場合、そのメッセージを長押ししてメニューを出します。ただ、最初から表示されていないので、右の三角形を選択して次のメニューを出します。

中国の人気SNS微信(WECHAT)の使い方20_送信したメッセージの取り消し

次に表示されている、「送信取り消し」を選択します。

中国の人気SNS微信(WECHAT)の使い方20_送信したメッセージの取り消し

そこで、「取り消しますか?」というメッセージが表示され、OKを選択します。

中国の人気SNS微信(WECHAT)の使い方20_送信したメッセージの取り消し

次は、「2分以内に取り消される」のと「旧バージョンはサポートされていない」ことが説明されます。

中国の人気SNS微信(WECHAT)の使い方20_送信したメッセージの取り消し

「OK」を選択したら、メッセージが取り消された、という表示になります。

中国の人気SNS微信(WECHAT)の使い方20_送信したメッセージの取り消し

これで取り消し完了です。次は相手側がどう表示されるかを、確認してみましょう

広告

送信した相手にどう表示されるか

送信相手がWECHATを開くと、受信したので、あなたが一番上に表示されます。と同時に、「○○」さんは、メッセージ取り消してるよ、というシステムメッセージが表示されます。

中国の人気SNS微信(WECHAT)の使い方20_送信したメッセージの取り消し

相手が気になってチャットを開くと、メッセージは取り消されたので表示されませんが、下の画像のグレイ文字をみてわかりますが、「取り消されてるよ」という痕跡は残ります。

中国の人気SNS微信(WECHAT)の使い方20_送信したメッセージの取り消し

ただ、送信メッセージは何なのかはわかりませんので、多少の言い訳が効くということですね。

と、喜ぶのはまだ早いです!

もし相手が、ロック画面に通知を設定する場合、通知に履歴が残ります。下の画面のように!

中国の人気SNS微信(WECHAT)の使い方20_送信したメッセージの取り消し

というわけで、

1.メッセージは取り消せる

2.取り消した痕跡は残る

3.相手(のアプリ設定)によって、何を送ったか分かる場合もあります。

ただ、3の場合はテキストメッセージの場合です。写真の場合は、「写真が送られた」と表示されるだけで実際の写真はロック画面に表示されません。

WECHATでやらかしたときにご参考いただければと思います。

では、今回はここまで。



コメント・ご質問はこちら