空中に浮いている自動り神機「HOVER CAMERA」CEOは中国の80年後生まれの王孟秋




まず、実際の製品をご覧ください。 空中に浮いてしまう自撮りカメラ、両手が解放されるだけではなく、自動追跡機能と、障害物とある程度の距離を保つ機能をもつ超軽量の製品です。一目惚れしちゃいますね。噂によると600ドルらしい。発表されたばかりなのでまだ発売されていません(2016年5月7日現在)

広告

いくつかGIFもありますので、併せてご覧ください。 0 (1)   コンパクトに折りたためる 空中に浮いている自動り神機「HOVER CAMERA」CEOは中国の80年後生まれ ハンズフリー 空中に浮いている自動り神機「HOVER CAMERA」CEOは中国の80年後生まれ 安定した飛行状態 空中に浮いている自動り神機「HOVER CAMERA」CEOは中国の80年後生まれ

広告*

顔追認識跡機能もあり 空中に浮いている自動り神機「HOVER CAMERA」CEOは中国の80年後生まれ 一定距離を保てる 空中に浮いている自動り神機「HOVER CAMERA」CEOは中国の80年後生まれ 空中に浮いている自動り神機「HOVER CAMERA」CEOは中国の80年後生まれ 落下テスト、思ったより頑丈ですね 空中に浮いている自動り神機「HOVER CAMERA」CEOは中国の80年後生まれ 創業者兼CEOは中国の80後生まれの王孟秋 王孟秋 1982年杭州生まれ、アメリカスタンフォードの博士課程卒で、facebook,twitter,アリババでの仕事経験したあと、これまでの2年間、このhover cameraの開発に力を注いできた。現在、約2500万ドルの融資を受けているそうです。 中国人が世界の舞台で活躍する姿を見ると、嬉しいですね。

広告*


コメント・ご質問はこちら