wechatの使い方

中国の人気SNS微信(WECHAT)の使い方12_場所の共有



wechatには、自分の場所をチャット相手に共有するという面白い機能があるので紹介します。

広告

場所の共有は「場所の送信」と、「リアルタイム場所共有」の2種類あります。

1、場所の送信

これは、シンプルに自分の場所を送信する機能です。

01

メニューが表示されたら「場所を送信」を選ぶだけ。

02

 

これで位置情報がチャット相手に送信されます。

03

広告*

 2、リアルタイムの場所

これがちょっと面白い機能です。意味通り、相手がどこにあるか、自分がどこにあるか、リアルタイムで地図で表示され、だんだん近づくことが見てわかるという、とてもわかりやすい機能です。

まず「場所」メニューから選びます

05

 

すると、場所が確認が表示されますので、右上の送信をクリック。

06

これで自分の位置情報が相手に共有されます。

07

あと、チャット相手が「自分の位置を共有」してくれるのを待つ。

相手が共有してきたら、このように、二人のアイコンや位置情報が表示されます。

08

これは池袋で待ち合わせ時のキャプチャです。左が自分、右が友人。友人がアニメイトあたりにいますね

広告*

で、その方向に移動すると、アイコンがだんだん近づいてきます。

09

(交差点がわかったのでもうすぐですね)、実は自分は池袋にあんまり詳しくなかったのですが、当時この機能のおかげで、すぐに見つかりました。

この機能を使うのも、パケット消費されますので、使い終わったら、左上の電源ボタンみたいなマークをクリックして機能をOFFにしましょう

10



コメント・ご質問はこちら