中国人のための家族来日訪問ビザ、親族を日本に招へいする手続きまとめ



家族、親族を日本に招待し、自分の生活環境を見せながら、日本の良さを伝えて家族を安心させるのは、多くの日本で生活している外国人は思っているはず。もちろん、家族の訪日は可能です、が、いろんな面倒な手続きがあり、呼ぶ度に煩雑な書類に悩まされます。

今回は家族来日訪問の手続きについてまとめてみます。必要な中国の方、もしくは日本の方のご参考になれれば幸いです。

諸定義

申請人:来日親族のこと

招へい人:親族を呼びたい人、日本にいる外国人のこと

身元保証人:招へい人の生活や身元を保証する人、基本的に日本で就職してる人は収入があるので、自分で自分の身元保証をします。

日本側で用意する書類

日本法務省は必要書類について下記の公式ページで説明されています。

説明資料(PDF)

必要書類は次となります。

身元保証人(家族を日本に呼びたい人の保証人)が用意する書類

1 身元保証書(書式あり)
2 住民票(世帯全員分で続柄記載があるもの、記載に省略なしのもの)
3 在職証明書
4 総所得が記載された「課税証明書」,「納税証明書(様式その2)」又は「確定申告書控の写し(税務署受理印のあるもの)」のいずれか1点
5 有効な在留カード(特別永住者証明書,外国人登録証明書)表裏の写し ※外国人の方のみ。

広告

招へい人(家族を日本に呼びたい人)が用意する書類

招へいする人が身元保証人同じ人の場合

6 招へい理由書(用紙あり)
7 滞在予定表(用紙あり、自分で作っても良し)

招へいする人が身元保証人同じ人じゃない場合、下記を追加

8 在職証明書
9 課税証明書
10 有効な在留カード
11 パスポートコピー(親族関係証明用)

中国側で用意する書類

申請人(中国にいる親族)が用意する書類

1 ビザ(査証)申請書、用紙あり
2 写真(※6か月以内に撮影したもの)
3 パスポート(旅券)
4 戸口簿写し
5 居住証又は居住証明書、要は身分証明書。
6 在日親族又は知人との関係を証する書類
(例:親族→親族 関係公証書,知人→写真,手紙等)

広告*

注意点

◼︎親子関係証明
証明手続きをするには、パスポートのコピーが必要です。(何回か忘れしまい、再提出しました…)

◼︎妊娠証明
妊娠・出産が理由で家族を呼ぶ場合は、病院が出される妊娠証明書(原本)が必要です。(一度コピーで提出したあと、やはり再提出しました…)

◼︎滞在予定表
申請からビザ降りるまで大体10日かかるので、来日予定日早すぎると非現実的で再作成を求められる場合があります。

いかがでしょうか。
家族、親族来日の時の参考、もしくはチェックリストとしてご活用いただければ幸いです。



コメント・ご質問はこちら