日本と中国,どこがどう違う?日中いろいろ比較01



日本と中国、一衣帯水とよく言われますが、文化、生活、国民性など、実はいろんなところで差異があります。最近wechatで流れている日中比較の情報がありましたので、それを借りて日本と中国、どこがどう違うかを見ていきます。

01人口数

0

日本は約1.3億人いますが、中国はその10倍の14億です。圧倒的に人口が多いですね。

02面積

日中比較

面積は、日本は37.7万平方kmに対して、中国は960万平方km、約25倍。

03お互いのイメージ

日中比較

日本人の特徴といえば、着物を来ている女性、中国人といえば、二つのシニヨン二つのチャイナー娘、とお互いのイメージらしい。

 04旅券

5

旅券のシンボルは、中国は国徽、日本は菊の紋章。

05国営チャンネル

6

日本はNHK、中国は中央テレビのCCVT。

広告

06民族

7

日本は、アイヌ族もあるが、基本単一民族と認識されています。対して中国は漢族は多いが、その他にも55の少数民族もあります。

少数民族の美女について記事を書きました。興味のある方はこちらの記事をご覧ください。

07一人当たりGDP

8

一人当たりのGDPですと、日本は約中国の9倍。生産性は圧倒的に高い。

08小説の組版

10

日本は縦て、中国は横。

09同じ漢字でも意味が違う

11

日本語と中国語、同じ漢字ですが、意味が全く違う単語も多く存在します。

手紙、中国語はトイレットペーパー。

娘、中国語はお母さんの意味。

先輩、中国語は尊敬する故人。

愛人、中国語は、妻。

この記事では取り上げていますので、興味のある方はこちらをご覧ください。

10ポスト、郵便局

12

日本は赤色、中国はグリーン色、郵便局も同じ。

11国民的スポーツ

13

日本の国民的スポーツは野球、中国は卓球。

12カラオケ

14

中国では、カラオケと行ったらみんなで行くところ。日本のような一人で行くケースがほとんどない。

もう一つの違いがあって、中国のカラオケボックスに一緒に歌を歌ってくれる、お酒を飲んでくれるなどのサービスを提供する女性たちがいて、まぁキャバクラのような感じですね。

13ドアノック

15

日本は基本2回、中国は基本3回。

14電圧

16

日本は110V、中国は220V(感電するとしに至るレベル)

15果物の買い方

17

日本はほとんどパック販売、1パック○○円、中国は、最近スーパーではパック販売もふえているが、市場では基本単位販売、つまり、

「500g頂戴」、「半キロ頂戴」とかで買っています。

ちなみに、重量単位は「1両」:100g、「1斤」:500g。

広告

16貨幣

18

額面が違い、中国のほうが細かいですね。

17入浴と言ったら?

19

日本はお風呂、中国はシャワー。

18ホテル

20

日本は人数分で予約する、中国は部屋分で予約する、中国では、1人1部屋と5人1部屋、部屋さえ同じであれば、料金は基本同じ。

19ゴミ

21

日本の粗大ゴミの回収は、依頼者から回収者にお金を払う。中国は回収者が依頼者にお金を払う。真逆ですね。

僕自身も来日当初の時に、相当違和感を感じていました。。なんでゴミを出すのに金払わないと行けないんだと。。。

22

また日本では、ゴミをちゃんと分類されてから出されますね、中国では、残念ながらまだすべての人がそうやっているわけではない。

20交通

24

日本は基本電車、車ですね、中国は基本バスで移動です。

25

また車走る車線も日本は左通行、中国は右通行、ここも来日当初、相当不慣れでした。ついつい右に寄ってしまいますね。

21痴漢

26

 

痴漢はどの国でもいるものです。ただ日本では、痴漢されたら我慢する女性が多いが、中国女性は強気なので、反撃に出てしまいます。たまに相手に「蹴り」を入れて撃退するケースもある。

今回はここまでにします、続きは次回のブログでご紹介。では。



コメント1件

コメント・ご質問はこちら