wechatの使い方

中国の人気SNS微信(wechat)の使い方2_音声メッセージ、一緒に押す、シェイク機能等



前回は、wechat(微信)の登録方法、簡単な使い方を紹介しました。

今回は、紹介しきれなかったwechatの便利な使い方をご紹介します。

1.音声メッセージでチャット

テキストチャットはもちろん、ショートメッセージのような音声を残して、友人とチャットすることができます。

wechatの使い方

使い方は簡単で、「押したまま話す」をずっと押してマイクのシンボルが現れてから話せばいいです。

wechatの使い方

話し終わったら指を離して終わる。これでメッセージが録音されて相手に送信されます。

wechatの使い方

左のみどりの部分は相手からの音声チャットメッセージです。聞くときに耳に当てないと、自動的にスピーカーに切り替えて音声が流れるのでご注意を。

広告*

2.写真を送る

ツールバーの一番右の「+」を押してください。

wechat2_10

押すと、下記のメニューが表示されます。

wechat2_04

写真を選ぶと、アルバム写真が表示され、選択してチャット相手に送れます。

wechat2_05

3.友人を追加する

追加方法は複数あります。まずツールバーにある「連絡先」を選択

wechat02_16

連絡先が表示されますが、右上の追加を選択

wechat02_11

追加するには、wechat ID、QQの連絡先、携帯番号、google+もできます

wechat02_12

が、一番面白いのは、「一緒に押す」機能です。

「一緒に押す」は自分の近くと一緒に押すだけで探せる機能で、idなどの入力が必要なくとても便利な機能です。

利用イメージはこんな感じです。

wechat02_13

ここまで来たら探すのは簡単ですね。

広告

4.話し相手を探すなら「シェイク」

つまらないから話し相手を探したい!なら「シェイク」機能を使ってみよう。

ツールバーの「発見」を選択してください。

wechat02_16

「発見」を選択したら、こんなメニューが表示されます。

wechat2_06

その中の「シェイク」を選んで、携帯を振ってみてください。

wechat02_14

お、見つけました。8km先なので結構近いですね。まずプロフィールを見てみて興味のある相手なら話しかけてみよう。

でもたまに、どんでもない相手も拾ってきます。たとえば、

wechat02_15

1万km先って、どこだっけ。。。言葉も通じなさそうなので、やめておきました。

次回は、モーメンツへ投稿、クローズドグループ作成などについてご紹介します。